News新着情報

2023.02.20

コラム

眼精疲労でお困りの方、札幌市白石区栄通にあるたんぽぽ整骨院にご相談下さい

眼精疲労を「ただの目の疲れだろう」と思っていませんか。

眼精疲労は各種の不調の原因になります。

日常的に目の疲れをよく感じている方は、その疲れが体の不調に関係しているかもしれません。

 

札幌市白石区栄通の整骨院が「眼精疲労の原因」や「眼精疲労が悪化した場合の不調」について解説します。

 

■眼精疲労の原因

 

眼精疲労の特徴は目の疲れやかすみ、痛みなどです。

目の重さや乾き、眩しさ、頭痛や肩こり、目や周辺部位のだるさなどを感じる方もいます。

目およびその周辺に影響を及ぼしてしまうのが眼精疲労です。

眼精疲労は次のような原因で起こると言われています。

 

・生活環境の問題 / シックハウス症候群や照明のちらつきなど

・電子機器(パソコンやスマートフォン)の使用

・エアコンや暖房器具による目の乾き

・紫外線

・ドライアイ

・生活リズムの乱れ

・病気や体調不良

・過労

・ストレス

・メガネやコンタクトが合っていない

 

眼精疲労と言えば目の使い過ぎや、電子機器の使い過ぎが原因という印象があるかもしれません。

眼精疲労の原因になるのは目の酷使だけではありません。

日常生活の中で浴びてしまう紫外線も眼精疲労の原因になる他、夏の冷房や冬の暖房なども目に影響します。

また、部屋の照明のちらつき以外にも照明の眩さや暗さ、電子機器のボタンの点灯なども眼精疲労の原因になってしまうのです。

 

ストレスや体調、疲れ、生活の乱れなども眼精疲労の原因になります。

目も体の一部です。

体の他部位が影響を受けるようなことは目も当然ながら影響を受けてしまうと考えた方が良いでしょう。

 

日常生活の中には眼精疲労の原因が数多く潜んでいます。

仕事でパソコンなどの電子機器を多用しなくても体調や生活環境などの関係で眼精疲労が起きてしまうことは珍しくありません。

 

■眼精疲労が悪化した際の症状について

 

眼精疲労が悪化してしまうと、眼精疲労の際の諸症状がより強く出てしまいます。

さらに、休息しても眼精疲労やその諸症状が取れにくくなってしまいます。

 

眼精疲労でよくあるのは肩こりや頭痛、目の疲れやだるさなどです。

仮にこれらの諸症状が出ていた場合、その後も眼精疲労を放置することで頭痛や肩こりの慢性化を招く可能性があります。

 

眠っても疲れが取れずだるさが残ってしまう。

朝起きた瞬間すでに目のだるさや重さ、かすみを感じる。

眼精疲労を放置することで疲労は体の中にさらに蓄積されますので、取れない疲労感やだるさを常に感じるような状態になることもあります。

 

■最後に

 

眼精疲労は放置しておくと蓄積されます。

踏み固められた地面が固くなってしまうように、眼精疲労も放置するとより強固な疲れ、症状になってしまうのです。

眼精疲労による頭痛やかすみ、だるさ、吐き気、めまいなどの諸症状が出ているなら早めに整骨院の施術で対処することをおすすめします。

眼精疲労にお悩みなら札幌市白石区栄通のたんぽぽ整骨院にお任せください。

CONTACTお問い合わせ

  • hotpepper beauty
  • epark
  • LINE

011-853-4488

詳しく見る