News新着情報

2023.11.09

コラム

自分で眼精疲労は治せる?眼精疲労の治し方と予防について解説します

日常的に眼精疲労に悩まされている方は「自分で対処できないだろうか?」と考えるはずです。

辛い眼精疲労に自分で対処する方法・予防する方法はあるのでしょうか。

札幌市白石区の整骨院が「眼精疲労を自分で予防する方法・治し方」についてお話します。

■眼精疲労の原因と治し方

 

一言に眼精疲労と言っても、さまざまな原因が考えられます。

 

・眼鏡やコンタクトレンズが合わない

・精神的なストレスや肉体の疲労

・ゲームや読書、仕事などによる目の酷使

・パソコンやスマートフォンなど機器の使い過ぎや使い方  など

 

眼精疲労に自分で対処するためには、まずはご自身の目の使い方や仕事・日常についてよく考えてみましょう。

そうすることで「原因はこれかもしれない」と思い当たるはずです。

眼精疲労は頭痛や肩こりなど諸症状の原因にもなりますので、原因に思い当たったら、その原因に合った治し方で早めに対処することが重要になります。

 

自分での眼精疲労の治し方には次のような方法があります。

 

・眼鏡やコンタクトを見直す

・仕事中などに定期的に目を瞑って休憩する

・目が疲れたときに目(目を上下左右に動かすなど)の運動やマッサージをする

・蒸しタオルなどで目を覆い、目と周辺の部位をリラックスさせる

・窓の外の遠くを見る

・眼精疲労であることを伝え、リラクゼーションなどの施術を受ける

 

眼精疲労の治し方は、原因に合わせて使うことがポイントです。

ご自身の生活や目の状態に合わせた治し方、自分で対処する方法については、当整骨院でもアドバイスしています。お気軽にご相談ください。

 

■眼精疲労を予防するには?

 

眼精疲労は自分で意識的に予防することも可能です。

眼精疲労を自分で予防する方法は3つあります。

 

・仕事や生活の中で意識的に休憩を取る

・定期的に眼精疲労改善の施術を受ける

・目に良い食事や生活を心がける

 

仕事でパソコンを使う方は少なくないはずです。パソコン仕事を1時間したら10分休憩を取るなど、日常生活や仕事の中で意識的に「目を休める時間」を作ることが眼精疲労の予防策になります。

また、野菜などの食材の中には目・眼精疲労と相性の良い食材などもありますので、そういった食材を意識的に取ることもポイントです。

 

この他に、定期的に整骨院などで眼精疲労対策の施術を受ける方法もあります。

「眼精疲労に困っている」と伝えていただければ、体の状態をチェックして姿勢やこりなど、眼精疲労になりやすい要素に対処できます。

加えて、施術により心身がリラックスしますので、眼精疲労の予防になるわけです。

 

■最後に

 

眼精疲労に自分で対処しようとしても、どうしても「疲れすぎて無理」「自分では難しい」ときがあります。

眼精疲労が酷くなると、自分で対処する気力も起きないことも珍しくありません。

 

自分で対処しきれない眼精疲労は当整骨院にお任せください。

当整骨院は整骨院の専門的な施術とリラクゼーション施術を組み合わせているところが特徴です。

整骨院の専門的な施術と、心身をリラックスさせ癒すリラクゼーション施術の組み合わせで、皆様の辛い眼精疲労と諸症状を治します。

 

眼精疲労と目の疲れにまつわる辛い症状の治し方なら、札幌市白石区のたんぽぽ整骨院にお任せください。

CONTACTお問い合わせ

  • hotpepper beauty
  • epark
  • LINE

011-853-4488

詳しく見る